うたちゃんの店 元気印

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

甥っこの結婚式  おめでとう 末永く幸あれ! 



   結婚おめでとう 末永くお幸せに!  


7日 甥の雄太が恵さんと結婚しました

この日を迎えられて 本当によかったね

恵ちゃんには こうちゃんという10歳の男の子がいます

私も何度か会っていますが いい子です

結婚式と披露宴では こうちゃんが新郎新婦を食っていました(笑)

とってもアットホームで涙あり笑いありのいい結婚式でした





結婚式 003


見守る弟夫婦 喜びの新郎新婦

ほんとうにおめでとう お幸せにね




・・・・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・・・・



門司のお友達宅訪問の前に 門司港レトロを散策

以前は 仕入先が九州にも何軒かあり よく来ていました

久しぶりで ちょっと旅行気分です


高速2
関門海峡を渡り 門司へ

門司れとろ1
門司港レトロのギャラリーで アンティークノリタケ

平山郁夫・竹久夢二・マリーローランサン・ミロ・東郷青児などの絵画も

東日本大震災のチャリティーで出品されていました


門司れとろ2
重要文化財 北九州市 「旧門司三井倶楽部」

大正10年 三井物産門司支店の社交倶楽部として建築

大正11年には アインシュタイン博士夫妻が宿泊された建物

門司港駅前に移築され 「観光文化館」として会館


門司れとろ4
家具や調度品がとても上品で素晴らしい


門司れとろ5
灯りが柔らかく 落ち着く


門司れとろ6
お休みになったベッドも素敵


門司れとろ7
バスルーム  トイレは水洗だったんですね


門司れとろ3
マントルピースやドア 窓枠 細部にこだわりがあっていい雰囲気です


門司れとろ9
天井は高く 廊下もゆったり


門司れとろ8
キャビネットやスタンドライトなどは英国調


門司れとろ10
門司にゆかりのある 「林 芙美子」の遺品も展示されていました

絵や書 手紙(川端 康成との往復書簡)なども


門司れとろ11
芙美子が使っていた 茶道具


ゆっくり過ごせました 本当に旅行気分でした





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・店休日 ・・・・・ 

・fcebook ・・・・・ utako.yosizaki





カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/06/09 Mon. 13:08    TB: --    CM: 2

夫の親友T氏宅 訪問! 



夫の同級生で親友のT君(私も同級生で同窓)宅を訪問しました

北九州の門司区 閑静な高級住宅街です

P6073483.jpg
車なら20~30台停まれます

P6063478.jpg
入り口から宮大工さんがいい仕事をしています

P6063474.jpg
この長い土台の石(お父さんが斫ったそう)は 故郷の上関から運んでいる

P6073487.jpg
入ってすぐに「ミロ」 網代の仕事は茶室大工さん

P6073486.jpg
生花がいたるところに活けてある

P6083519.jpg
このような状態のサツキが満開の時に 訪れたかったのだが(T氏撮影)

ちょっと時期が遅れてしまって・・・ でも圧巻でした

この1000株以上の植え込みは 夫唱婦随でこつこつ植えたもの

手前のアジサイはT氏が挿し木をして 増やしたもの

今 アジサイが三分咲き状態で 満開はさぞかし素晴らしいであろう

個人の庭で 管理もすべて二人でしている

P6063475.jpg
夏椿が花芽を沢山付けて 待ちわびている

P6073484.jpg
早目に植えたところはベッタリとくっついて 咲くと一枚の絨毯のようだろう

P6073481.jpg
濡れ縁に座って眺めると 爽やかな風が抜けて本当に山の中に居るよう

後の竹林では毎年筍を100こ~ 掘っているそうで綺麗

P6073480.jpg
石組が中を幾筋も通って 中に入って眺められるようになっている

P6063477.jpg
見えにくいけど菖蒲が沢山蕾を付けて並び 高低と遠近を調節している

P6063476.jpg
右にチラッと写っている室外機の竹カバーは二人の合作(夫製作妻塗り)

今工事中で「芝桜」植え込み中(色とりどりをポットで育てている)

室内には 素晴らしい調度品が品よく配置され(人間国宝級も)

(注)この家の主とその妻はこんな豪勢な暮らしを自慢することもなく
   本当に淡々と有りのままに最高のおもてなしをしてくれました

私たちは豪華な鱧鍋を囲んで バカラのぐい飲みで獺祭を飲み

楽しいおしゃべりとおいしい料理に大満足でした

遠慮なしの夫は飲みながら食べながら寝てしまい・・・

奥さんにいろいろお世話をかけました 

奥さん最高 よくできてる方 (Tくん 宝くじに当たったみたいじゃ)

翌日 博多に向けて出発した私達は車中で 感謝の話で持ち切りで

二人して 秘境の高級旅館に一日一組限定のお泊りしたみたいでした

本当にありがとう とてもいい思い出ができました




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・店休日 ・・・・・ 


・facebook ・・・・・ utako.yosizaki


カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2014/06/08 Sun. 14:57    TB: --    CM: 0

プロフィール

ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク